賃貸物件

設計図と黄色い家の模型

賃貸物件と言っても東京都心と地方とでは契約上での違いが少なからずあります。 まず都心の賃貸物件は2年ごとの更新料が発生します。 たいていは1年分の賃貸料を支払う仕組みですが ここでお得な方法があります。この更新料は物件のオーナーが必要ないと言えば支払わなくても良くなるのです。 なのでオーナーと日頃からコンタクトを取っておくというのは大事な事です。賃料の面での事もありますが、防犯の事や隣近所との いざこざなどの問題も相談出来たりするので、助かる事も多いのです。 そして快適に住み続けるにははじめに物件をよく調べると言う事が重要です。 まわりにコンビ二や銀行などがあるか、防犯面はしっかりしているか駐輪場などは設置されているかなどはきちんと把握しておく事が大事です。

一言で賃貸物件の相場と言っても、住む場所によってかなりの違いがあります。 東京都でも中央区・港区などと他の区とくらべると、かなりの違いがあります。 ワンルームの平均賃料で言うと都心では価格は約10万円〜15万円ほどになります。ちょっと離れた場所になると約6万円〜10万円 となり思いのほか差額は大きいです。ファミリー向け賃貸物件になると10万円以上の差額が生じたりと、借りる場所を慎重に決めないと家賃負担が大きくのしかかります。 地方物件になると、都心と同じ様な賃料を支払ったとしたら部屋数が1部屋多い物件を借りる事が出来ます。 これはかなりお得です。また地方物件では更新料は必要ありません。さらに東京では駐車場代は別払いが普通ですが 地方物件になると駐車場代が含まれている事が多いのも特徴です。