費用について把握する

屋根裏部屋と望遠鏡

新築で住宅を建てる場合の選択しとしては、注文住宅、規格住宅、建売があります。 注文住宅は間取り、設備など自分たちで全て選択して作り、完全オーダーメイドの家造りです。 規格住宅は住宅メーカーで複数持っている間取りの組み合わせの中から、自分たちの好みな組み合わせを見つけて家を建てる方法です。設備などは比較的自由に選べますが、間取りに制限があります。 注文住宅よりは安価に建てる事ができます。 建売住宅は住宅メーカーが間取りなどを考え建てた物を購入します。 出来上がった物を見てから購入できるので失敗は少ないですが、構造など見えない部分がどうなっているかわからないデメリットもあります。 費用は一番安く建てる事ができます。

新築で住宅を建てる場合、建材の進化などで工法がだいぶ変わってきました。 昔は瓦が主流でしたが、現在はスレートやガルバリウムなどの金属屋根の方が増えています。新築で太陽光パネルを載せる家が増えた事もあり、屋根のデザインも切妻ではなく、より太陽光パネルを載せる面積が多い片流れの家も増えました。 浴室も以前はタイルなどで作る家が多かったですが、最近は新築でもユニットバスが主流です。 浴槽や浴室を断熱材で包んだり、浴槽も色、デザインが豊富に選ぶことが出来ます。 スピーカーやテレビなどをオプションで設置したり、ミストサウナや浴室乾燥機なども選ぶことが出来ます。 太陽光発電が普及したことで、オール電化の住宅も増えてきました。